お尻だってきれいでいたい!お尻ニキビの原因とケア

お尻は肌トラブルの危険地帯

いつの間にか、お尻にできてしまったブツブツ。これは、いわゆるお尻ニキビです。座ると痛いし、かゆいし、放っておくと黒ずんでくることもあって気になりますよね。ニキビと言えば顔にできるもの、と思われがちですが、意外とお尻にできてしまう人も多いんです。おしりは肌トラブルが起きやすい危険地帯です!

 

お尻ニキビ発生のメカニズム

 

 お尻などにニキビができてしまう一番の要因が、皮脂の過剰な分泌。毛穴から分泌される皮脂は、皮膚の乾燥を防いでくれる大切なもの。しかし必要以上に皮脂が分泌されてしまうと皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

 

 詰まった皮脂をえさに「アクネ菌」と呼ばれる常在菌が一挙に増殖!アクネ菌は毒性のある過酸化脂質を発生し、それによってお尻にもニキビができてしまいます。

 

 アクネ菌は体に必要な常在菌の一種ですが、正常な細菌バランスが崩れることで肌トラブルを引き起こすのです。

 

お尻ニキビは何が原因?ケアの方法は?

 

 お尻ニキビが発生する原因とケアの方法をまとめてみました。

 

汗によるお尻の蒸れを防ごう

 アクネ菌が繁殖を招く原因のひとつが蒸れやすい素材の下着やガードル、ストッキングの長時間の着用です。夏場は特に皮脂が分泌されやすい季節なので注意が必要。

 

 また、きつめの下着が肌を刺激し、皮脂の分泌を促進します。コットンなど通気性が良く締め付けが弱めの下着を着用し、汗で長時間お尻が蒸れないよう心がけましょう。

 

 こまめにシャワーを浴びるなどして汗を流し、お尻を清潔な状態を保つこと。ただし、石けんやボディーソープなどを十分にすすがないと、毛穴を詰まらせてしまう場合があります。

 

皮膚の乾燥は厳禁!特に冬は気をつけて

 皮膚が乾燥しがちな冬もお尻ニキビが発生しやすい季節。空気が乾燥すると肌の柔軟性が弱まり、皮脂や汚れがたまりやすい状態に。寒い季節は保湿を心がけることがお尻ニキビ対策の要です。保湿力の高いスキンケア用品を使用し、加湿器を活用するなどしてお尻を乾燥から守りましょう。

 

お肌のためにも甘いものは控えめに

 甘いものや油っこい食べ物は、皮脂の分泌を増やします。皮脂量を抑えるためにも動物性脂肪や糖質の摂取はできるだけ控えましょう。また、香辛料の多い刺激物、アルコール摂取も避けたほういいでしょう。

 

お尻の健康にはストレス、不規則な生活にも注意を

 ストレスによって発生するホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあり、長くストレスにさらされると、毛穴の詰まりを引き起こしやすくなります。自分なりの気分転換やストレス解消を心がけましょう。

 

 不規則な生活はニキビに限らず健康の大敵。不規則な生活を続けると体のリズムが崩れ、新陳代謝にも悪影響が・・・。お尻ニキビをはじめ美容と健康には、十分な睡眠と規則正しい生活が重要です。

 

まとめ―お尻ニキビの予防とケア

 

 お尻ニキビ対策で大切なのは、皮脂の分泌による毛穴の詰まりや汚れを抑えることです。蒸れが気になるときは清潔で通気性のよい下着を着用し、汗をかいたらシャワーをあびて、下着を清潔なものに取り替えましょう。肌が乾燥しているときは加湿器やクリームで保湿。そして甘いものや脂肪分の多い食事は控え、ストレスをためない規則正しい毎日を過ごしましょう。お尻ニキビができてしまったら、保湿クリームなどでケアしたり、血行を促進するために軽くマッサージをするのも効果的です。